2019年1月10日川崎港訪船報告

みなさま 新年あけましておめでとうございます。

川崎港へ寄港する船員さん達は東アジア文化圏の方が多いので、新年元旦は今年は2月5日になりますが・・

寒波が襲来した今日は風がありませんでしたが寒い日でした。

昨日、9日にセンターで袋詰めプレゼント100個とカレンダーを車に積み、今日10日、貝塚教会9時30分に集まり出発しました。

参加者は岩間神父と2名のスタッフです。カレンダーは内容をよく確認しなかったので、キリスト教の葬儀屋の名入りのカレンダーがあり、漢字の分かる中国船員には申し訳ないことをしました(なお、それに気付いた船員さんからいらないと断れましたが)。

東洋信号通信社のポートビューにはかなりの船舶が停泊中でした。税関で確認して、最初は市営千鳥町埠頭のHAI RUI DA 中国船籍の船です。中国語のカードで簡単な会話が成立しましたが、プレゼントを差し出すと受け取れないとタラップを上がってしまいました。タラップの上から、日本円を持っていないと(英語)で言っています。「降りて来て」と中国語で叫んで、リーウゥと言って(これは通じたかどうか?)、どうにか受け取ってもらいました。プレゼントという言葉は通じなかったようです。今日はお正月明けで港はいつもにまして積荷を運ぶトラックが多く、気をつかいました。つぎはJC BRIGHTER 旧英領ホンジェラス(ブリーズ)船籍、やはり中国船員の船、キリスト教関係の名刺を見せ、この団体かと聞いてきましたがそうではないと言って今度はスムーズに渡すことができました。次は、HEIWA MARU トーゴ船籍の船、乗組員15人は全員ベトナム人です。食堂まで案内していただきベトナム茶をご馳走になりました。一級航海士は英語も堪能で、川崎には何度か来たことがあると言ってました。次の港はサイゴンのプーマイ、お正月はベトナムで過ごせるとのこと。市営千鳥町埠頭の最後はHAO JIN2、ニウエ船籍(ニュージーランドに一応属しています)。中国人の船員にプレゼントを13個、サインは上級船員に確認してもらいました(このとき、カレンダーの葬の字があったのがわかってこちらも赤面)。

東扇島埠頭はトンネルを出て、しばらく行くと渋滞、車を反対方向へ向け、いつものゲートではなく自動車運搬船の停泊しているゲートから入りました。最初は韓国籍のTAURUS、応対した韓国人の若い船員はAOSがカトリック関係の団体だと分かったよう。食堂では、上級の年配の船員が上手な日本語で応対、感謝されました。重量物運搬船で5千トン近い船でしたが13名の乗組員でした。最後は日本郵船の日本国籍の自動車運搬船ANTARES LEADER、6400台もの車を運搬できる船で、2011年建造、2016年には水先案内人からみたベストクオリティーシップに選ばれた船です。今日は埠頭からではなく、モータープールからも車が次々に運び込まれていました。超多忙なのでルーマニア人の船員さんに埠頭まで降りて来てもらって23個のプレゼントを手渡しました。

今日は95個のプレゼントを渡すことが出来ました。上の写真はアンタレスリーダーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA